債務整理の費用を払えないときの対処方法

2019/01/27
ロゴ

債務整理の費用を払えないときの対処方法

 

  1. 債務整理をしたいけれど、10万円や20万円などの高額な費用を払えない
  2. 費用を用意できないなら、債務整理は諦めるしかない?

 

確かに債務整理には費用がかかりますが、手元にお金がなくても専門家に依頼する方法はあります。今回は債務整理の費用を払えないときの対処方法をお伝えします。

 

1.着手金無料の事務所を探す

債務整理をするとき「今手元にお金がないから弁護士や司法書士に相談できない」という方が多いです。そのような場合、「着手金無料」で対応してくれる事務所を探すのが1つの解決策となります。特に任意整理では、着手金無料にしてもらえる事務所がたくさんあります。

着手金無料なら、当初実費だけ払えば任意整理の手続きをしてもらえます。司法書士などの介入後には毎月の借金返済が不要となるので、その間にお金を貯めて事件が終結したときに報酬金を払えば、問題なく債務整理できます。

 

2.分割払いする

2つ目の方法が、分割払いです。自己破産でも個人再生でも分割払いは可能です。

債務整理の手続きを開始すると借金の返済が不要になるので、これまで債権者に支払っていたお金を専門家への分割払いに充てれば、無理なく債務整理の費用を支払えます。

 

3.法テラスを利用する

3つ目の方法が、法テラスです。法テラスの民事法律扶助を利用すれば、とても安い金額で弁護士や司法書士に債務整理を依頼できます。支払い方法も月々5000~などの分割払いにできるので負担が軽いです。生活保護の方なら償還が不要となるので、メリットがさらに大きくなります。

 

当事務所でも、債務整理費用の支払い方法については柔軟に対応しております。お困りでしたら、お気軽にご相談ください。