時効援用を司法書士に依頼すべき理由

2018/09/17
ロゴ

時効援用を司法書士に依頼すべき理由

 

借金の時効を援用するとき、自分で対応するよりも司法書士に依頼した方がリスクも低くなりメリットが大きいです。

以下では、借金の時効援用を司法書士に依頼すべき理由をご説明します。

 

1.時効が成立しているかどうか正確に判断できる

時効援用をするには、所定の期間が経過して実際に時効が成立していることが必要です。時効が成立していないのに援用通知を送っても意味がありませんし、「債務承認」と言われてしまうリスクもあります。

司法書士に依頼すると、過去に債権者から届いた督促書や信用情報機関の記録などをもとに、借金の種類ごとの時効期間をあてはめて、正確に時効が成立しているかどうかを確認できます。

 

2.債務承認のリスクを避けられる

債務者が自分で時効援用通知を作成すると、文面が不適切になるリスクがあります。

よくあるのが「債務承認」になってしまうケースです。「貴社から借金していますが…」などと書いたことが「借金を認めた」と言われてしまうのです。時効完成前に債務承認になると、時効が中断して当初に巻き戻ってしまうため、大きな不利益があります。

司法書士が対応していたら、文面にも配慮するのでこのようなリスクは発生しません。

 

3.債務者の居場所を知られずに済む

借金を苦に夜逃げしている方などの場合、債権者に現住所を知られていないことが多いです。ただ、内容証明郵便には、差出人の住所を書かなければなりません。そこで、自分で時効援用をすると、今の住所を知られてしまいます。時効援用がうまくいけばそれでも問題ありませんが、万一時効が成立していなかった場合、居場所を知られて激しい取り立てが始まる可能性があります。

司法書士が対応していたら、司法書士の事務所を差出人の住所として表記するので、債務者の現住所を知られることはありません。

 

時効援用は司法書士に依頼するといろいろなメリットがあるので、借金に悩まれているなら是非とも一度、ご相談下さい。