任意整理のメリットとは?~その2~

2018/05/15
ロゴ

任意整理のメリット~その2~

 

今回は、前回に引き続いて任意整理のメリットをご紹介していきます。

 

 

1.財産がなくならない

任意整理のメリットとして「財産がなくならないこと」が挙げられます。

債務整理をすると借金が減額されたり免除されたりしますが、一方で財産が失われるケースがあります。

たとえば、自己破産の場合には、99万円分を超える財産が基本的にすべて失われます。

個人再生は財産が失われる手続きではありませんが、車のローンがある場合には車がなくなる可能性がありますし、住宅ローン特則を使わなければ、住宅ローンつきの家も失われます。

この点、任意整理の場合には、財産に一切影響が及びません。どれだけ多額の資産を持っていても、問題なく整理できますし、債権者に財産内容を報告する必要もありません。

住宅ローンや車のローンがある場合でも、それらのローンを整理の対象にしなければ、家や車を守ることができます。

 

2.負担が軽い

債務整理をするときには、債務者ご本人にもそれなりに負担がかかるものです。必要書類がたくさんあったり裁判所に出頭しなければならなかったりするからです。

この点、任意整理は債務者にとって非常に負担が軽い制度です。

必要書類もほとんどありませんし、裁判所を使わないので裁判所に行く必要もありません。司法書士にお任せいただいたら、ほとんど何もしなくても、こちらの方で債権者と話をして借金を減額して合意まで取り付けることができます。

 

任意整理で借金問題を解決されている方はとてもたくさんおられます。借金問題でお困りの際には、お早めにご相談下さい。